Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
有力若手女優

末永遥
末永遥たん出演のドラマ・DVD一覧をチェックしよう



黒川芽以
黒川芽以ちゃん出演のドラマ・DVD一覧をチェックしよう



戸田恵梨香
戸田恵梨香ちゃん出演のドラマ・DVD一覧をチェックしよう
ブレイクしているアイドル

しょこたん(中川翔子)
しょこたん出演の雑誌・CD・DVD一覧をチェックしよう


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
シバトラ 鬼神はなんと!
やっぱり、予想通り宝生美月が鬼神だった!

新庄徹だと、話がややこしくなるし、ましてや、鮎川環とかは、ありえない。
宝生美月なら、これまでの、話の辻褄が合う。
竹虎が高校に潜入したときに、宝生美月は、いともたやすく、鬼神のサイトを開いていたし、山の中で、宝生美月が襲われたときも、軽症だったのは、ちょっとおかしいと思っていた。
鬼神というのは、当初は、宝生美月が父親を殺めるために考え出したシステムだったが、宝生美月の意図を超えて、鬼神のシステムが、河東学人に利用されてしまったということらしい。
そして、今後、鬼神のシステムが利用されないように、自ら、鬼神であることを告白して、自害する予定だったところで、竹虎に止められることになった。
おおよそ予想していたとおりのシナリオだった。

ただ、下駄箱に「柴田刑事ようこそ」の手紙を入れたのが、宝生美月なのか河東学人なのか?
山の中で、宝生美月が襲われたわけが、自らが鬼神の疑いをかけられないようにするための偽装工作だったのか?
という疑問が残る。
もうすこし、時間があれば、細かく描かれるのかもしれないけど、視聴者の想像に任せるということなのかもしれない。

そして、最終回は、末永遥たん演じる町田リカも登場。
覚せい剤の捜査に協力するということで仮釈放されたという設定らしい。ありえない設定だけど、意外に末永遥たんの人気が高かったから、最終回にも出演したのかな?
最終回で、末永遥たんがみられてよかった。欲を言えば、鬼神捜査でもっと活躍してほしかったけど。

というわけで、シバトラはおしまい。
posted by: ブレイクガールズ | 大後寿々花 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(2) |-
シバトラ第一話 大後寿々花ちゃんの演技もうまい!
第一話は、エピソードみたいな感じだったこともあって末永遥たんの出演はなしでした。
もっぱら、柴田竹虎(小池徹平)と 宝生美月(大後寿々花)の話でした。
最後の方で、高校の教室が映っているので、生徒の中に末永遥たんもいるのだと思うけど、どれが、末永遥たんだか分かりませんでした。

とりあえず、宣伝しまくっているだけはあって、面白いドラマになりそう。
潜入捜査は違法だから、警察官の身分を一時的に剥奪するという設定も面白い。せっかく刑事になれたと思ったら、身分を剥奪されてしまう竹虎w
今回は、偽ヘルター・スケルター?に潜入するだけだったけど、次回からは、高校に潜入することになるらしい。

ドラマが始まる前は、末永遥たんが警察官役だったらいいのにと思ったけど、単なる署のアイドル的な存在なら、末永遥たんの演技力が生かせないから、やっぱり、女子高生役のほうがいいのかもしれない。
できれば、ヒロインの宝生美月役を演じてほしかったけど、小池徹平君と並ぶと、末永遥たんの方がお姐さんっぽくなっちゃうかもしれないね。
だから、宝生美月役じゃなくて、町田リカ役になったのかなとも思った。

原作とはかなり設定が違うみたいだから、次回から、末永遥たんも結構活躍するかもと思うと楽しみ♪
posted by: ブレイクガールズ | 大後寿々花 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大後寿々花ちゃん出演 遠くの空に消えた
評価:
---
ギャガ・コミュニケーションズ
¥ 3,152
(2008-03-07)
趣旨がよくわからない
焦点が定まらず、余計なシーンが多い
やさしい気持ちにしてくれる
少年、少女時代の懐かしい原風景を描いた映画という感じでしょうか。
北の国からを髣髴とさせるような映画です。

とおもったら、ロケ地は、北海道の帯広だそうです。どおりで似ているわけですね。
奇跡は待っていても起きない。だったら、自分たちで起こそうという、少年、少女たちの無邪気な行動。
その純粋さ?だたのいたずら好き?に心温まる映画です。

内容紹介
『GO』で数々の映画賞を受賞し、その後、『世界の中心で、愛をさけぶ』をはじめ数々の大ヒット作を手掛ける行定勲監督。その行定監督が7年間、温め続けたオリジナルストーリーが本作。神木隆之介、大後寿々花、ささの友間の3人に日本を代表する豪華なキャスト陣が集結。
光と影が織り成す美しい映像世界。夢見ることを忘れてしまった大人へ贈る感動作!
<ストーリー>
青い麦畑、どこまでも続く一本道、ビル一つない青空。時がゆったりと流れるのどかな田舎町は、今、空港建設を巡る争いに揺れていた。空港公団団長である父親(三浦友和)に連れられ都会から転校してきた亮介(神木隆之介)は、地元の悪ガキ公平(ささの友間)と、ふとしたことから友情を気付いていく。そして二人をさらに結びつけたのは、いつも一人で丘に立つ少女ヒハル(大後寿々花)。父親を連れ去ったのはUFOだと信じ、毎日空を見上げている。そんな中、大人たちの空港建設を巡る愚かな争いは日に日に激しくなり、子供たちの夢までも握りつぶしていくのだった。
「ヒハルの夢を叶えたい-」、そして失われつつある村を守るため、少年たちの“史上最大のいたずら”が始まる。
<商品仕様>
DISC1 本編144分 カラー/MPEG-2 片面2層 16:9LBビスタサイズ
音声 1日本語(5.1chサラウンド)2日本語(2.0chステレオ)[オーディオコメンタリー:行定勲監督]
字幕 1日本語 2英語
特典 劇場予告編/オーディオコメンタリー:行定勲監督/キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)
DISC2 約153分(予定) カラー/MPEG-2 片面1層 4:3 スタンダードサイズ
音声 日本語
特典映像 ■メイキング(約38分)
■インタビュー集(約72分)・CASTインタビュー:神木隆之介|大後寿々花|ささの友間
・STAFFインタビュー:行定勲監督|撮影:福本淳|照明:市川徳充|美術:山口修|衣裳:伊藤佐智子|VFX:進威志|編集:今井剛|音楽:めいなCo. ■Metro Music Oasis ファンタジックナイト(2007.8.17 IN TOKYO)(約28分)
■初日舞台挨拶映像(2007.8.18 IN TOKYO)(約12分) ■フォトギャラリー(約3分)計:約153分
posted by: ブレイクガールズ | 大後寿々花 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(1) |-
大後寿々花ちゃん出演のセクシーボイスアンドロボBOX
評価:
---
VAP,INC(VAP)(D)
¥ 14,744
(2007-09-20)
心がキュンと痛みました。
レンタルだけじゃものたりない!
木皿泉は、平成の偉大な脚本家のひとりである
シバトラでヒロイン 宝生美月役を演じる大後寿々花ちゃん。
一年ぶりのドラマ出演だそうですが、これまでのシュッ炎策をちょっと振り返ってみました。
まず、記憶に新しいのが、セクシーボイスアンドロボ。七色の声を操ることができる少女・ニコ役を演じていましたね。
非常に高い演技力があるということで評価されていました。


内容紹介
日本テレビ系にて'07年4月から6月にかけて放送され、大好評を博したドラマ『セクシーボイス アンド ロボ』のDVDおよびDVD-BOXが登場します。女好きのロボットオタク・ロボと、七色の声を操る14歳の少女・ニコがスパイとして活躍する笑いと涙と感動の痛快冒険活劇。主役のロボを演じる松山ケンイチはご存じ、社会現象とまで言われた映画『デスノート』のL役で大ブレイク。このドラマで連続ドラマ初主演です。また、もうひとりの主役、ニコには『Dr.コトー診療所』などドラマ、映画で人気の大後寿々花。2人の凸凹コンビぶりもドラマの見どころとなっています。
原作は平成14年度第6回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞した黒田硫黄の人気作。脚本を『野ブタ。をプロデュース』や『すいか』などの大ヒット作を手がけた木皿泉が担当するなど、スタッフも充実。
また、ロボとニコをスパイとしてスカウトし、さまざまな仕事を依頼する謎の夫人真境名マキに浅丘ルリ子、ニコの父親に映画監督の塚本晋也、母親に片桐はいり、真境名の秘書に岡田義徳など、脇役陣も強力、強烈です。さらに、中村獅童、村上淳、香椎由宇、市川実和子ら各話ごとに登場するにぎやかなゲストの顔ぶれも見ものです。
コードネームはロボとセクシーボイス。2人が泣いて、笑って、ケンカして、怪事件に立ち向かう、新感覚の推理ドラマ。一見の価値あり、です。
NTV より
posted by: ブレイクガールズ | 大後寿々花 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-